消費者金融と銀行系カードローンの比較

MENU

消費者金融と銀行系カードローンの比較

お金を借りたいと思った時に消費者金融と銀行カードローンとふたつの選択肢がありますが、あなたはどちらを選びますか?
イメージの良いのはどちらでしょうか?審査から借り入れまでがスピーディーなのはどちらでしょうか?審査が緩いのはどちらでしょうか?金利が安いのは?
選ぶポイントはそれぞれあると思いますが、あなたは何を基準として選びますか?

消費者金融と銀行カードローンの特徴を比較し、選ぶ参考にしていただければと思います。

あまり知られていないもっとも大きな差「総量規制」

消費者金融と銀行カードローンの最も大きな差は「総量規制」の対象であるかどうかです。

貸金業法で決められた総量規制で何が定められたのかというと借り入れ額が年収の3分の1を超えてはいけないという法律です。数社から借入があれば、その合計金額が年収の3分の1を超えてしまっていれば、新規での追加融資はできません。

 

この規制により、高額融資は難しくなりました。ですが、この法律は多重債務者を多く生み出してしまった過去の金融市場から消費者を救うための法律です。

 

そして、この法律では、銀行カードローンは対象から外されていて、消費者金融だけが対象になっているのです。
よって、銀行カードローンは、年収の3分の1を超えてはいけないという規制がないので高額ローンの融資を受けることが可能なんです。

 

高額の長期ローンを組むなら低金利の銀行カードローンがオススメです。また、少額の借入れを繰り返すなら消費者金融を利用するのが良いでしょう。

 

では、銀行カードローンは何も規制がないのでしょうか?

銀行カードローンには銀行法があります。貸金業法とは違うもので、総量規制は関係なく消費者金融のような規制や縛りはないので、消費者金融で借入できなかった方の理由が「総量規制」のみであるなら、銀行カードローンでなら融資が可能かもしれません。

2番目に大きな差は「金利」

借り入れを経験したことがないという方は「金利」についてもよく知らないかもしれません。ですが、お金を借りるにあたっては最も気にしなくてはいけないのが「金利」と言えます。

 

なぜなら、高額の借り入れをした場合、分割して毎月少しずつ返済していきますが、分割した回数が多くなるほど、返済期間が長くなるほど、手数料として、多くの利息が追加されます。

 

その金利が、銀行カードローンと消費者金融では大きく異なります。銀行カードローンはおよそ14.5%と低く、消費者金融はおよそ18.0%と高く設定されています。

 

これが、長期返済となると、銀行カードローンに比べ、消費者金融では、毎月返済していてもなかなか減っていかないように感じてしまいます。
ここまで読むと、総量規制対象外や低金利などのメリットから銀行カードローンを選ぶことが当然のように思えてしまいます。

 

ですが、消費者金融にも選びたくなるポイントがいくつかあります。

大手消費者金融には無利息の期間がある!

消費者金融の大手であるプロミスとアコムには少額借り入れを利用される方にはとてもお得な「無利息期間」がありますが、このサービスは銀行カードローンにはありません。
プロミス【30日間無利息サービス】

対象となる方の条件:
・プロミスを初めて利用される方。
・Eメールアドレスを登録された方。
・Web明細をご利用いただく方。
無利息となる期間:
・初回ご出金の翌日からの30日間。

 

アコム【30日間金利0円サービス】

対象となる方の条件:
・アコムでのご契約が初めての方。
・返済期日を「35日ごと」で契約された方。
無利息となる期間:
・ご契約日の翌日からの30日間
※無担保カードローン以外の契約は対象外になります。

 

少額借り入れの場合、この無利息期間を上手に利用すれば、低金利の銀行カードローンよりも返済額がお得になる場合もあります。
また、無利息期間内に、借り入れした額をそのまま返済できれば、利息は0円で利用できることになるのでかなりお得です。